水素エネルギー利用の可能性を広げる水素吸蔵合金ペースト「POWER PASTE」― 小型車両やドローン等に搭載可能

 POWERPASTE
© Photo Fraunhofer IFAM
POWERPASTE

自動車用燃料をはじめとした次世代エネルギーとしての利用が始まっている水素ですが、高圧タンクを使用した移送や利用はE-スクーター等の小型車両には実用的ではありませんでした。

フラウンホーファーIFAMは水素吸蔵合金ペーストである「POWERPASTE」を開発しました。

これは固体の水素化マグネシウムにエステルと金属塩を加えてペースト状にしたものであり、水素を常温常圧下で化学的に保持することができ、加えてカートリッジに入れて持ち運びが可能です。

ガス水素や液体水素のハンドリングとは異なり、高価なインフラも不要になります。バッテリーを上回り、ガソリンに匹敵するエネルギー密度を持っており、スクーターの他にも車やドローン等の多様な機器への応用が想定されています。

また、豊富に存在するマグネシウムを使用していることも大きな利点です。

 

詳細についてはこちらをご覧ください。

Hydrogen-powered drives for e-scooters

最終更新日: