フラウンホーファー日本代表部

イベント&ニュース

 

X線CT装置等を活用した産業のデジタル化技術に関するワークショップ

日時:2024 年 2 月 28 日 (水) 13:30~16:00 

会場:東京大学工学部11号館 講堂

 

機械要素技術展 [名古屋]

フラウンホーファーIWSが出展し、最新の研究成果をご紹介いたします。

期間: 2024年4月10日‐4月12日

場所: ポートメッセなごや

 

H2 & FC EXPO 水素燃料電池展

Fraunhofer ICTが出展し、最新の研究成果をご紹介いたします。

期間:2024年2月28日(水)‐3月1日(金)

場所:東京ビッグサイト

 

受賞

福岡で開催された14th International Conference on Nitride Semiconductors (ICNS14)にてフラウンホーファーIAFのAkash Nair氏がOutstanding Poster賞、Matthias Sinnwell氏が最優秀学生賞を受賞しました。

 

受賞

フラウンホーファーIPAの研究者Franz Balluff氏とThomas Hess氏がOtto von Guericke-Preis 2023にノミネートされました。

職員募集

フラウンホーファー日本代表部では、現在「ビジネスディベロップメント&マーケティングスタッフ」を募集しています。

ご関心のある方は、以下の募集要項をご覧ください。

また本件に関するお問い合わせも、担当者までお願いいたします。

 

ソーシャルメディア

フラウンホーファーの最新情報をソーシャルメディアでもご覧頂けます。

ニュースレター

ドイツから届いたフラウンホーファー関連のニュースや各研究所の最新の研究開発成果、 日本でのイベント情報等をご案内するニュースレターを毎月1回メール配信しています。

配信をご希望の方は、こちらのメールアドレスまでご連絡ください。

 

 

リサーチニュース


最新のリサーチニュースが届きました。 

 

Fraunhofer-Publica

フラウンホーファー研究機構のデータベース「Fraunhofer-Publica」では、フラウンホーファー各研究所の研究活動に関する出版物、論文、特許等の情報をご覧頂けます。

記事掲載

「センサイトWEBジャーナル」2022年2月号「センサに関連する「オープンイノベーション」」に、フラウンホーファー日本代表部の記事をご掲載頂きました。

フラウンホーファー研究機構の概要、日本での活動やご協力可能性に加え、Research Fab Microelectronics Germany (FMD)の概要やセンサシステム、MEMSアクチュエータ関連の研究内容をご紹介しています。

プレスリリース

 

Fraunhofer IML

シミュレーションを基にした人工知能が物流における無人化を次のレベルへ

 

Fraunhofer FFB

バッテリー生産における電力消費を削減するためには次世代電池の開発が不可欠

 

新たなレーザー乾燥システムによる、リチウム電池電極製造におけるエネルギー利用を効率化

 

Fraunhofer IWS Dresden

全固体シリコン硫黄電池の研究プロジェクトが始動 より安定で安価な電池へ

2023年のその他プレスリリースはこちら

刊行物

 

フラウンホーファー日本代表部パンフレット

 

Fraunhofer magazine 4/2023

PFAS

The poison for the century

 

Fraunhofer Annual Report 2022

 

Brochure

“Fraunhofer – Today’s ideas.

Tomorrow’s innovations.”

お問い合わせ

フラウンホーファー日本代表部

〒107-0052

東京都 港区 赤坂7-5-56

ドイツ文化会館1階

電話 03-3586-7104

Fax 03-3586-7187