イベント

軽金属国際ワークショップ「Meet Fraunhofer !」
~日独の産学連携最前線:マルチマテリアル接合~#

日時:2018年12月7日(金)13:30~17:10
会場:ドイツ文化会館1Fホール(東京都港区赤坂7-5-56)
   銀座線、半蔵門線、大江戸線「青山一丁目駅」 4番(北)出口より徒歩7分
   赤坂郵便局、カナダ大使館を通り過ぎ、高橋是清記念公園と草月会館の間の道を右折、約50m(角のレンガ色の建物)

詳細・お申し込みは軽金属学会ホームページをご覧ください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
軽金属国際ワークショップ「Meet Fraunhofer !」~日独の産学連携最前線:マルチマテリアル接合~において、フラウンホーファー日本代表部代表、フラウンホーファーIFAM(生産技術・応用マテリアル研究所)研究所長、及び研究者が講演を行います。

 

近年のIndustrie 4.0やIoTなど、産業界を取り巻く環境はデジタル革命とともに目まぐるしく変化しており、国内外問わず生き残りをかけたオープンイノベーションが盛んに行われています。その一つとして、産学連携は企業の競争力強化にますます重要な役割を担っています。本ワークショップでは、欧州最大の応用研究機関であるフラウンホーファーの特徴的な産学連携の仕組みについて講演を行い、応用研究成果事例としてフラウンホーファーIFAMの研究者が最新のマルチマテリアル接合に関する応用研究をご紹介いたします。ほかに、日本の産学連携の取組みとして、新構造材料技術研究組合(ISMA)から接合分野における最新研究成果についての講演が行われます。

 

プログラム:

13:30 開会の挨拶

13:40~14:20
1.フラウンホーファー研究機構の概要と日本における活動
   Fraunhofer日本代表部 代表 三木 英哉
ドイツ国内に72の研究所を持つ欧州最大の応用研究機関、フラウンホーファー研究機構の概要や日本における活動を紹介する。

14:20~15:10
2.Strategic Aspects of Lightweight Materials and Processes
   Fraunhofer IFAM Director Prof. Bernd Mayer 
Lightweight materials and processes are key enabling factors for next generation products in all transportation segments including automotive and aviation industries. Overall driving forces like minimizing environmental impact and low emissions need to be addressed globally. Examples on material selection, tailored assembly as well as appropriate finishing processes are shown for optimum performance, manufacturing cost and durability.

15:10~15:20 休憩

15:20~16:10
3.Lightweight Technology: Surface Treatment, Assembly and Quality Assurance
   Fraunhofer IFAM Regional Manager Dr. Christoph Regula 
In order to take maximum technical and commercial benefit from lightweight technologies, the whole production line needs to be linked closely to assure high quality, reliability and optimum product lifetime. Examples for the relevance and connection of several processes will be given addressing finishing processes specifically and, providing links to the actual state of research.

16:10~17:00
4.摩擦接合を利用した2つの新規接合方法の開発―FSWとLFW
   大阪大学接合科学研究所 教授 藤井 英俊 
低温での接合を可能にする、摩擦を利用した2つの接合法(摩擦攪拌接合と線形摩擦接合)について最近のトレンドを紹介する。

17:00~17:10  閉会の挨拶

17:10~18:30  ライトビュッフェ(名刺交換会をかねて)※参加費1500円(当日徴収) 参加希望の方は申込時備考欄にその旨記載願います。

 

主催:一般社団法人軽金属学会

後援:フラウンホーファー日本代表部

協賛:日本アルミニウム協会,日本マグネシウム協会,日本チタン協会,日本金属学会,日本鉄鋼協会,日本材料学会,日本機械学会,日本塑性加工学会,日本鋳造工学会,軽金属製品協会,軽金属溶接協会,資源・素材学会,自動車技術会,日本ダイカスト協会,溶接学会,日本顕微鏡学会,溶接学会,粉体粉末冶金協会,表面技術協会

 

参加費:正会員10,000円 維持・協賛学協会員15,000円 学生会員1,000円 非会員25,000円 学生非会員6,000

定員:100名

パンフレットはこちら