イベント

国際フォーラム「Meet Fraunhofer !」
~日独の産学連携最前線:モビリティ分野の最新成形技術~#

日時:2020年1月31日(金)13:30~17:10
会場:ドイツ文化会館1Fホール(東京都港区赤坂7-5-56)
   銀座線、半蔵門線、大江戸線「青山一丁目駅」 4番(北)出口より徒歩7分
   赤坂郵便局、カナダ大使館を通り過ぎ、高橋是清記念公園と草月会館の間の道を右折、約50m(角のレンガ色の建物)

詳細・お申し込みは軽金属学会ホームページをご覧ください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
国際フォーラム「Meet Fraunhofer !」~日独の産学連携最前線:モビリティ分野の最新成形技術~において、フラウンホーファー日本代表部代表、及びフラウンホーファーIWU(工作機械・成形技術研究所)の研究者が講演を行います。

近年のIndustrie 4.0やIoTなど,産業界を取り巻く環境はデジタル革命とともに目まぐるしく変化しており,国内外問わず生き残りをかけたオープンイノベーションが盛んに行われています。その一つである産学連携は企業の競争力強化にますます重要な役割を担っています。そこで本国際フォーラムでは,欧州最大の応用研究機関であるフラウンホーファーを招き,その特徴的な産学連携の仕組みと応用研究成果事例について「知る」「学ぶ」「議論する」機会を提供します。

2018年の第1回に続き,今回は第2回目として成形技術の研究を行うフラウンホーファーIWU研究所から来日いただき,自動車をはじめとするモビリティ分野の最新応用研究(軽量化,マルチマテリアル,成形,加工,接合など)についてご講演頂きます。さらに日本の産学連携の取組み事例として,自動車メーカーから軽量化技術における最新研究成果をご講演頂きます。
モビリティの成形に携わる方はもちろん,産学連携を深めたい方,フラウンホーファーに関心がある方など,幅広い分野から多数の方のご参加をお待ちしています。

 

プログラム:
13:30
開会の挨拶
熊井 真次(国際交流委員会委員長) 

13:40~14:20
フラウンホーファー研究機構の概要と日本における活動
三木 英哉(フラウンホーファー日本代表部 代表)

14:20~15:10
Technology development for forming of lightweight components
Dr. Verena Psyk (Fraunhofer IWU/ Head of Department High Velocity Forming Technologies)

15:10~15:20 休憩

15:20~16:10
Potential of innovative welding technologies for the application of 7xxx series aluminum alloys in car body construction
Dr.-Ing. Frank Riedel (Fraunhofer IWU/ Head of Department Thermal Joining)

16:10~17:00
将来モビリティの軽量化技術
豊田 裕介(株式会社本田技術研究所 オートモービルセンター 材料開発室 室長)

17:00~17:10
閉会の挨拶
穴見 敏也(国際交流委員会副委員長)

17:10~18:30 ライトビュッフェ(名刺交換会をかねて)
※参加費1,500円(当日徴収)  参加希望の方は申込備考欄にその旨記載願います