メディア&刊行物

最新ニュース

※リンク先は主に英語です。

 

表面や膜厚の全数検査向けハイパースペクトル・イメージング(HSI)

フラウンホーファーIWSの研究者は、HSI技術の潜在能力を信頼できるハードウェアやソフトウェアに組み入れる統合的HSIソリューション「imanto® obsidian」を開発しました。この技術は表面検査や膜厚検査の分野における利用に非常に適しています。たとえば、薄膜膜厚、シート抵抗、光学材料パラメータ(屈折率、吸収係数)の画像生成や、任意の評価基準による物質群の分類と評価が可能です。

 

アーヘン3Dプリンティングセンター:世界最大の選択的レーザー溶融(SLM)設備が正式に稼働開始

アーヘン応用科学大学とフラウンホーファーILTは協力プロジェクト「アーヘン3Dプリンティングセンター」において野心的な計画を掲げています。2017年6月1日、両者は世界最大の選択的レーザー溶融(SLM: selective laser melting)設備をアーヘン工科大学構内のデジタル光学製造産業棟内に正式に開設しました。

 

住友ベークライトとフラウンホーファー化学技術研究所(ICT)が協力

2015年のハノーバーにおいて、両者は住友ベークライトによって製造された繊維複合材料で構成されたシリンダハウジングを備えた軽量シングルシリンダーエンジンを発表しました。今後、両者はその研究を継続し、軽量化及びコンパクト化を推し進めることで、住友ベークライトの材料を様々なアプリケーションに応用していく予定です。

 

フラウンホーファー研究所がハイブリッド鋳造部品用非破壊品質試験を開発

ここ数年、フラウンホーファーIFAMで高圧鋳造法におけるハイブリッド接合の様々なタイプ向けに、接合技術の新方法が開発されました。従来の接合技術と比較すると、鋳造部品はパッケージサイズ、軽重量やガルバニック絶縁の点において優れています。

フラウンホーファーISE「Q&A ドイツにおける太陽光発電の真実2015」

フラウンホーファーISE「Recent Facts about Photovoltaics in Germany」の日本語版です。
画像をクリックするとダウンロードが始まります。