メディア&刊行物

最新ニュース

※リンク先は主に英語です。

 

レーザー金属堆積(LMD)装置の粉末ジェットノズルを最適に保つインラインシステム

レーザー金属堆積(LMD)装置の粉末ジェットノズルの試験、認証および調整用のインラインシステムが開発されました。このシステムでは、ノズルを認証し、火線を完全に特徴付けることができます。照明を備えたカメラモジュールによりプロセスを可視化し、監視することも可能です。

 

接着剤なしで異なる特性の材料同士を接合

フラウンホーファーIWSは、異なる特性を持つ材料同士を接合する新プロセスを開発しました。この熱直接接合は、レ-ザーで組織化された金属を熱可塑性部品でプレスし、局所的に加熱するものです。それにより、熱可塑性樹脂は溶融し、構造体に浸透し、表面に接合します。特別に開発された接着ガンで材料同士を数秒以内に頑丈に接合可能なプロセス「HPCI(HeatPressCool-Integrative)」は従来の複雑な接着工程に代わる新たなプロセスとして適しています。

 

六価クロム使用の硬質クロムめっきに代わる、環境に優しい腐食・摩耗保護技術

2017年9月にEUで発効する腐食や摩耗保護コーティング用の六価クロム使用に関する厳しい条件は、高応力を受ける金属部品メーカーにとりわけ大きな打撃を与えるものです。IHC Vremac Cylinders B.V.社はフラウンホーファーILTが開発した超高速レーザー材料堆積(EHLA)を世界で初めて硬質クロムめっきの代替として導入しました。

 

住友ベークライトとフラウンホーファー化学技術研究所(ICT)が協力

住友ベークライトとフラウンホーファーICTは、住友ベークライトによって製造された繊維複合材料で構成されたシリンダハウジングを備えた軽量シングルシリンダーエンジンを発表しました。今後、両者は軽量化及びコンパクト化を推し進め、住友ベークライトの材料を様々なアプリケーションに応用していく予定です。

フラウンホーファーISE「Q&A ドイツにおける太陽光発電の真実2015」

フラウンホーファーISE「Recent Facts about Photovoltaics in Germany」の日本語版です。
画像をクリックするとダウンロードが始まります。