研究分野

研究分野

 

健康・環境

医療のほか、栄養と環境という2つの要素は、人々の健康に重要な影響を与えます。フラウンホーファーの環境、ライフサイエンス分野では現在、この3つの要素を重点的ゴールに据えています。

 

安全・セキュリティ

この研究領域の目標は、人や環境を可能な限り脅威から守ることです。その際、災害のあらゆる局面をコントロールするため、早期警戒、予防、保護、災害の影響からの早期克服などに注力した持続可能なアプローチが取られます。
 

モビリティ・交通

ひとやモノのモビリティは経済や社会にとって不可欠なものとなりました。自動車の開発から交通マネジメント、新しい安全基準から効率的な交通ロジスティクスまで、技術には常に新しい挑戦が突きつけられています。フラウンホーファーの研究者は、安全かつ効率的でコストパフォーマンスの高いモビリティの研究を行っています。

 

生産・サービス

原材料不足、過当競争、専門家の不足 ー これらは製造業が直面する課題の一部に過ぎません。これからの製造業のために、研究者はエネルギー・資源効率の高い生産方法を模索しています。
 

コミュニケーション・知識

情報通信技術分野は、薬剤からメディア産業、製造業に至るまで、他の研究領域や業界のほぼ全域をカバーする広範囲な研究分野です。デジタル技術はコミュニケーションの新しい可能性を拓きます。オーダーメイドでインタラクティブ、かつ持ち運びのできる学習方法によって、私たちはこれからの働き方に柔軟に対応することができます。
 

エネルギー・資源

エネルギーがなければ、暖かい家や熱いシャワーも、食料を冷やし、機械を動かし、コンピューターで仕事をすることも叶いません。これまで石油や石炭、ガスで社会は動き、家は快適に保たれていました。しかし資源は減少の一途をたどっており、資源を効率よく利用することが今、求められています。エネルギーを効率よく利用し、しっかりと貯め、再生可能エネルギーの開発をさらに進めなければなりません。