フラウンホーファー日本代表部

フラウンホーファー日本代表部

フラウンホーファー研究機構はヨーロッパ最大の応用研究機関であり、ドイツ国内に点在する72の研究所および研究ユニットでは「社会に役立つ実用化のための研究」をテーマに、あらゆる科学技術分野において応用研究を行っています。 フラウンホーファー日本代表部はフラウンホーファー研究機構の日本における窓口として、日系企業の皆様のニーズに応えるべく多彩なサービスを提供しています。

詳細

最新の研究テーマ

 

将来のサイバーセキュリティ

デジタル化が進む現代においてサイバーセキュリティは欠かすことができません。必要とされる分野は車、製造、インフラなど多岐に渡っています。

 

Production 4.0

個々の製品を迅速、柔軟にそして持続可能に製造することをインダストリー4.0は可能にします。

 

リアルタイムコミュニケーション

次世代の携帯コミュニケーションであります5Gは様々な分野で応用されるインターネットの基盤となっています。

イベント&ニュース

2018年11月19日-24日(7月13日締切)

公募

ケルン体育大学主催の「Sport Science Slam World Cup 2018」が公募されています。

2018年7月2日-9月28日

講座

IFAM-EAS(欧州構造接着技術者)トレーニングが開催されます。

2018年6月17日-22日

講演

グランド再生可能エネルギー2018国際会議において、フラウンホーファーISE(太陽エネルギーシステム研究所)所長が基調講演を行います。

2018年6月4日-8日

講座

IFAM-EAB(欧州構造接着技術者)トレーニングが開催されます。

インタビュー

BSジャパンの番組「科学ミチル。 世界は未知で満ちている」でフラウンホーファーIAIS(インテリジェント分析・情報システム研究所)の研究者David Laquaの研究活動をご紹介いただきました。

講演

フラウンホーファーIPT所長が「日経Asia300サミット」に登壇しました。

インタビュー

日本貿易振興機構(ジェトロ)様の「世界は今 -JETRO Global Eye」にて、フラウンホーファーIOSBの研究者Carsten Röckerのインタビューをご掲載いただきました。

リサーチニュース


最新のリサーチニュースが届きました。 

ニュース


最新のFraunhofer magazineが届きました。 

プレスリリース

 

Fraunhofer IWS

溶接が難しい材料の高周波レーザー加工向け新型溶接ヘッド「remoweld®FLEX」

 

Fraunhofer ILT

経済的で環境に優しく、極めて短時間で行える腐食・摩耗保護

刊行物

 

フラウンホーファー日本代表部パンフレット

 

Fraunhofer magazine 01/2016

 

Fraunhofer Annual Report 2016

»Embracing Digitalization«

 

Fraunhofer ACADEMY

 

Trends in Industrie 4.0

 

Trends for the digital future

お問い合わせ

フラウンホーファー日本代表部

〒107-0052

東京都 港区 赤坂7-5-56

ドイツ文化会館1階

電話 03-3586-7104

Fax 03-3586-7187