イベント

第11回水素・燃料電池展

日時:2015年2月25-27日 10:00-18:00 (最終日は10:00-17:00)
会場:東京ビッグサイト 西ホール

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

フラウンホーファーICT、フラウンホーファーICT-IMM、フラウンホーファーIKTS、フラウンホーファーISEが第11回水素・燃料電池展に出展します。

  • 公式ウェブサイト

フラウンホーファーICTについて

フラウンホーファーICT(化学技術研究所)応用電気化学部門は、バッテリー、燃料電池、フロー電池および電気化学的センサーの応用開発を行い、お客様をサポートします。燃料電池の研究開発活動においては、あらゆるタイプの固体高分子膜電解質燃料電池の材料開発および特性評価、さらにレンジエクステンダーやAPUソリューションのシステム開発に注力しています。

お問い合わせ

Mr. Manuel Hitscherich

Fraunhofer Institute for Chemical Technology ICT
Joseph-von-Fraunhofer-Str. 7, 76327 Phinztal, Germany
 

phone: +49-721-4640-552
E-mail: Manuel.hitscherich@ict.fraunhofer.de 

展示物

  • トランジェント腐食プロセスのオンライン監視

オンライン質量分析を使用したテスト方法で、カーボンサポートとアイオノマー腐食プロセスをシングルセルレベルで作動中に、さらにトランジェント状況においても監視

  • 燃料電池ベースのレンジエクステンダーの開発

-燃料電池ベースのレンジエクステンダーまたはお客様の目的に合うAPUのコンセプト化

-最適な燃料電池タイプと燃料の選択

-システムデザインとプラントコンポーネントのバランスの選択

-デモ用ユニットの実現化

  • アルカリ型直接アルコール燃料電池

ポータブル、またはバックアップ用電源のための低いPGMソリューションで、液体型燃料用に高エネルギー密度を提供

  • 触媒評価サービス

PEMFC、HT-PEMFC、AEMFC とPEMELの加速化したストレステストを含んだ、徹底的な電気化学テストを通して、貴社のアプリケーションのための正しい燃料電池触媒とMEA膜/電極接合体の選択をサポート
 

  • 耐硫黄HT-PEMFCアノード触媒

->= 2 vol.-% COの場合に>= 40 ppmまで耐硫黄性を強化し、修飾されたHT-PEMFCプラチナ触媒
-硫黄堆積による電極劣化を防ぐSO2へのアクティブな変換

展示物

  • 熱交換・水性ガスシフト・選択酸化タワー

ドイツの航空インテリア・サプライヤーDiehl Aerosystem社のために、プロピレングリコールを水素に変換する改質システムを開発しました。この携帯用燃料電池システムは飛行機機内のキッチン用追加電源として使用できます。

 

 

 

 

 

 

  • 完結型燃料プロセスシステム

処理燃料:メタノール、(バイオ)エタノール、天然ガス、LPG、ガソリン、灯油、ディーゼル、プロピレン、グリコール

 

 

 

 

  • 触媒開発と耐久性テスト
改質、触媒燃焼、COクリーンアップ用に配合した弊所の触媒は1000時間の耐久性テストに合格しています。
 

フラウンホーファーICT-IMMについて

フラウンホーファーICT-IMMの分散・携帯型エネルギー技術部門は従来型・再生可能燃料の単体コンポーネントおよび完結型プロセスシステムの開発に注力しています。弊所の専門ノウハウは触媒の開発、プロセスシミュレーション、システムデザイン、コストダウン指向の製造技術の開発、反応炉設計、システムインテグレーションおよび試験と多岐にわたります。

お問い合わせ

Prof. Dr. Gunther Kolb

Fraunhofer ICT-IMM
Carl-Zeiss-Str. 18-20, 55129 Mainz, Germany

phone: +49-6131-9900
E-mail: Gunther.kolb@imm.fraunhofer.de

フラウンホーファーIKTSについて

研究開発サービスを提供する研究機関として、フラウンホーファーIKTS(セラミック技術・システム研究所)は最新鋭の高性能セラミック材料、業界で必要とされる製造プロセス、プロトタイプコンポーネントおよび完結型製造ラインの開発をパイロット生産まで行っています。材料診断から試験、お客様の製品・システムの品質保証まで幅広くサービスを提案しています。

お問い合わせ

Mr. Thomas Pfeifer

Fraunhofer Institute for Ceramic Technologies and Systems IKTS
Winterbergstraße 28, 01277 Dresden, Germany

Phone: +49 351 2553-7822
E-mail: thomas.pfeifer@ikts.fraunhofer.de

展示物

eneramic: 100W級 LPG燃料のポータブル発電機

  • 市販の輸送用燃料を用いた長時間稼動用遠隔電源SOFCシステム
  • 画期的な多層デザインで製造された改質装置、バーナー、熱交換器を搭載した平面スタックの完全統合型SOFCシステム
  • BoP、絶縁体、コントローラー、バッテリーパックを搭載したシステム
  • 水なし運転

展示物

水素・燃料電池技術

車載用燃料電池の空間的分析評価、通信用独立型燃料電池システム、オイルヒーティングのクリーンな未来のための新しい蒸発法、電気貯蔵とバッテリーシステム技術、レドックス・フロー電池の総合的な専門知識、膜電解装置と水素貯蔵システム

フラウンホーファーISEについて

フラウンホーファーISE(太陽エネルギーシステム研究所)はエネルギーを効率よく供給するための技術的基盤を創ります。弊所では材料、コンポーネント、システム、プロセスを開発しています。

弊所の強みは製造技術・プロトタイプの開発、デモ用システムの設計、テストセンターの運営および科学的基礎研究です。サービスとして企画・設計、アドバイス、テストのほか、ノウハウや設備の提供を行っています。