イベント

第4回 フラウンホーファーシンポジウム 東京 2019
Digital Photonics made in Germany

日時:2019年10月9日(水)10:30-19:00
開場:帝国ホテル 東京 本館3階 富士の間 
参加費:参加費無料、事前登録が必要です
言語:英語、日本語(日英同時通訳付き)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
「フラウンホーファーシンポジウム」はフラウンホーファーが日本で隔年開催するイベントで、持続可能なアプローチによる最先端の技術、イノベーション、ソリューションをご紹介しています。今回のシンポジウムはフラウンホーファーとの連携の方法、またデジタルフォトニクスにフォーカスします。


<プログラム>

10:00 – 10:30      受付

10:30 – 12:00      オープニングセッション:イノベーションとフラウンホーファーの役割

10:30 – 10:40      ご挨拶
                            フラウンホーファー日本代表部 代表 三木英哉

10:40 – 10:45      開会の辞
                            フラウンホーファーIOF(応用光学・精密機械工学研究所)所長 
                            アンドレアス・トゥナーマン (Prof. Dr. rer. nat Andreas Tünnermann)

10:45 – 11:00      フラウンホーファーモデルとデジタルフォトニクスの紹介
                            フラウンホーファーIOF(応用光学・精密機械工学研究所)所長 
                            アンドレアス・トゥナーマン (Prof. Dr. rer. nat Andreas Tünnermann)

11:00 – 11:30     EUV/DUV光源開発とそのドイツとの連携について
                            ギガフォトン株式会社 代表取締役副社長 最高技術責任者/ 博士
                            溝口計氏

11:30 – 12:20     日本のレーザ加工市場の現状紹介と世界のスマート製造へ向けての産業、科学レーザー技術の糾合活動及びフラウンホーファーとのコラボレーションの経験
                            三菱電機株式会社 産業メカトロニクス事業部 技師長 / 博士
                            安井公治氏

12:20 – 13:35     昼食休憩

13:35 – 16:50     テクノロジー・セッション:デジタルフォトニクス

13:35 – 14:00     LEDバックホールとフォトニック集積回路
                            フラウンホーファーHHI(ハインリッヒ・ヘルツ通信技術研究所)所長 
                            マルティン・シェル (Prof. Dr. rer. nat. Martin Schell)

14:00 – 14:25     人工知能と共に進化するバイオメディカルイメージング
                            フラウンホーファーMEVIS(医用画像演算研究所)所長 
                            ホルスト・ハーン (Prof. Dr. Horst Hahn)

14:25 – 14:50     自然模倣のアプローチによるカメラソリューション
                            フラウンホーファーIOF(応用光学・精密機械工学研究所)所長 
                            アンドレアス・トゥナーマン (Prof. Dr. rer. nat Andreas Tünnermann)

14:50 – 15:20     休憩

15:20 – 15:45     多視点撮影に基づいたコンピューテーショナルイメージング
                            フラウンホーファーIIS(集積回路研究所)所長 
                            アルベルト・ホイベルガー (Prof. Dr.-Ing. Albert Heuberger)

15:45 – 16:10     光マネジメントが可能にする高効率太陽電池
                            フラウンホーファーISE(太陽エネルギーシステム研究所) 
                            ヘニング・ヘルマース (Dr. rer. nat. Henning Helmers)

16:10 – 16:35     デジタル・フォトニック・プロダクション -個別カスタマイズ製品向けの高性能の付加製造と除去製造
                            フラウンホーファーILT(レーザー技術研究所)
                            アーノルト・ギルナー (Dr.-Ing. Arnold Gillner)

16:35 – 16:50     閉会の辞
                            フラウンホーファーIOF(応用光学・精密機械工学研究所)所長 
                            アンドレアス・トゥナーマン (Prof. Dr. rer. nat Andreas Tünnermann)

16:50 – 19:00     交流会


<参加ご登録>

お申し込みは、以下の情報を添えてevent@fraunhofer.jp宛てにご連絡ください:

・お名前
・ご所属
・E-mailアドレス
・交流会へのご参加の有無
(準備の都合上、記載がない場合は欠席とさせていただきます)


<お問い合わせ>

フラウンホーファー日本代表部

Phone: +81-3-3586-7104
e-mail: event@fraunhofer.jp